認知症などの高齢者の悩みを予防~病気のサインを見逃さない~

お年寄り

サプリメントと共に目指す

シニア

日常生活で耳鳴りが発生してしまうと、生活しづらくなってしまいます。そのため、早めに医師に相談すべきでしょう。またいまはサプリメントでの改善も期待出来るようになっています。

Read More

2つの違い

シニア

白内障と緑内障は、早期治療・早期発見が重要で、その後の治療方針や対応が異なるため、毎年の健康診断での眼圧・眼底検査などを行い体の管理をする事が大切です。手術後に視力回復治療を行ったり、最先端の治療などさまざまです。

Read More

ホルモンと密接に関係

シニア

自律神経には活動モードである交感神経と休息モードである副交感神経があり、これらの調整がうまくいくと健康状態が保たれます。しかし日常生活の中で影響を及ぼすこともありますので注意が必要です。

Read More

予防と摂取をする

若者にも増えてきている認知症について正しく理解していますか?コチラではきちんと理解しながら知識をみにつけられますよ。

認知症予防をするための油

シニア

認知症は最近メディアで取り上げられることが増えてきたほど、その症状に悩まされる人が増えているということでして、多くの人が関心を持ち始めるようになってきています。認知症になった人だけでなく、その症状を患った人を介護していく家族も対応していくのに大変な作業となります。そのような認知症にならないでいるためにも、予防できるようにしたいと思う人は多いものです。最近では認知症予防に効果のあるものとして、亜麻仁油やえごま油がメディアで紹介されたことがあり、その効果を求めて購入する人が増えてきています。油の中でもビン1本の価格はほかの油と比べて4倍か5倍の価格がしますが、それでも含まれた栄養価に魅力があるため購入する人が多いのです。

脳に良い油

亜麻仁油やえごま油にはオメガ3脂肪酸という成分が含まれていまして、その成分が脳の活性につながる働きをしてくれるのです。脳の活性につながることから記憶力が向上し、認知症の予防へとつなげてくれるのです。そのようなことがテレビの番組で放送されてから、それまではあまり知られることがなかった亜麻仁油やえごま油が人気を呼び、今でも健康食品として販売するドラッグストアも現れてきたほどです。しかも摂取量は1日にスプーン1杯程度で良く、それだけで十分な認知症予防の成分を摂取していくことができるのです。オメガ3脂肪酸は認知症予防はもちろんのこと、ストレスの緩和や自律神経の乱れを整えてくれる効果もあり、脳に良いエネルギーを与えてくれる油だということがわかります。